Adobe Illustrator[アドビ イラストレーター]10|新規書類に画像データを配置する方法

2018年5月10日

こんにちは。ノブタニです。

さて、この投稿では、イラストレーターの新規書類に画像データを配置する方法を説明します。

 

画像データの配置方法

①メニューバーの「ファイル」をクリック。

 

②項目の「配置」をクリック。

 

③表示される配置ウィンドウ画面で配置する画像データを任意で選択し「配置」をクリック。

 

④選択した画像データが新規書類内に配置することができます。

 

保存ウィンドウ画面の項目について

【A】ファイルの場所
配置する画像データが保存されているファイルを任意で選択することができます。

【B】選択したファイルの場所内にあるファイルデータ一覧
選択したファイルの場所にあるファイルデータの一覧が表示されます。

配置するデータを選択(クリック)すると、ファイル名に選択したデータが反映されるので、一覧から選択する方が便利かと思います。

【C】ファイル名
配置するデータのファイル名を任意で入力することができます。

【D】ファイルの種類
配置するデータの種類(形式)を任意で選択することができます。

 

画像データをコピーして新規書類にペースト(貼り付け)する方法

上記の方法以外にも、画像データを配置する方法はあります。

①配置する画像データを開き、メニュー内の「コピー」をクリック。

※ショートカットキー([Windowsの場合]Ctrlキー+C・[Macの場合]Commandキー+C)でもコピーすることは可能です。

 

②コピー後、イラストレーター内メニューバーの「編集」をクリック。

 

③編集項目の「ペースト」をクリック。

※ショートカットキー([Windowsの場合]Ctrlキー+V・[Macの場合]Commandキー+V)でもペーストすることは可能です。

 

④コピーした画像データが新規書類内に配置されます。

 

イラストレーターでデータを作成する際には、イメージ画像等のデータを使用する機会が多くなるかと思いますので、基礎知識として活用してくださいね。

 

では、今日はこの辺で。ノブタニでした。

 

関連記事一覧

Adobe Illustrator[アドビ イラストレーター]10|イラストレーターとは?~新規書類の表示方法

Adobe Illustrator[アドビ イラストレーター]10|新規書類データを保存する方法

Adobe Illustrator[アドビ イラストレーター]10|新規書類のアートボードサイズを変更する方法

Adobe Illustrator[アドビ イラストレーター]CS2|新規書類(ドキュメント)画面の名称 ツールボックス&パネルの基本操作