初心者でも上達するボーリングのコツ

2018年6月12日

どーもこんにちは。あべ氏です。

最近僕の中でハマってるボーリングについて少し書いていきたいと思います。

初心者の方や、スコアが100行かない方、参考程度にしてみてください!

 

では早速

 

投げ方、狙う場所

 

・まず投げる前に注意すべきポイントは、あらかじめ歩幅を決めておく

※右投げの方の場合

1歩目は左足からスタートして
5歩目で左足を前に出して、投げます。

左投げの方はその逆で右足からスタートします。

四歩でも五歩でも大丈夫です!最終的に左足が前に出てればOKです!初心者の方は歩幅がバラバラな人が多いのでこれは合わせておきましょう!

ボールを離す瞬間はピンは見ないで手前のスパッドを見る

スパッドとは

ピンの手前、投げる位置のすぐそばにこのスパッドと言う印があります。

これを見て投げます!

これはなぜかというと、
ピンを見ながら投げると、ボールが狙った場所に行かなくなるからです。

ボウリングでこの間違いをやってしまうと、スコアが伸びません。

ほとんどのボウリング初心者の方は、この間違いをやっているので
ガーターになってしまったり、スペアが取れなかったりするのです。

 

立ち位置の調整はうえの画像を参考に自分で調整してください。基本的にはこのような感じで自分で微調整をしながら投げます。

 

 

ボール選び

 

まず初めにボールの重さですが、ハウスボールは6ポンド~15ポンドまで様々な重さのものがあります。ちなみに1ポンドは約450グラムです。

一般男性は12~15ポンド。女性で力のない人は7、8ポンドを、力がある人は9~11ポンド程度をそれぞれ選んでみてください。

試しに振ってみて「少し重い」ぐらいが目安 自分に合った最適ポンド数 覚えておくようにしましょう!

・親指をクルクル ベストフィットを探す。 穴のサイズはSML3種類

穴のサイズは大きく分けてS、M、Lの3種類があります。まずは親指を根元まで入れて左右にクルクルと回してみてください。きつくもなく、緩くもなくがベストです。親指の穴が大きいと投げるときにすっぽ抜けることがありますし、小さいと、うまく指から抜けないことがあります。しかもサイズが合っていないと1ゲームを投げただけで、指や腕が疲れてくると思います。

 

一投目に一番ピンに当てる

 

投げ方、狙う場所、立ち位置の調整、ボール選びの次です。

 

・まずは1番ピンを倒すことだけを考えてください。

一番ピンとは

画像のように一番前にあるピンです。これを狙って投げてください!

右から2番目のスパットを通して1番ピンに当たる立ち位置を探してください。立ち位置は人によって異なりますので、実際に投球して探してみてください。                 ボールが1番ピンより左に行ってしまう場合は立ち位置を左へ、ボールが1番ピンに当たらずに右に行ってしまう場合は立ち位置を右へずらして調整してください。

 

スペア、ストライクの後が重要

 

ストライクとは

 

 

1投目で10ピンすべて倒したら、ストライクです。記号は、上記1フレーム目の通りです。

スペアとは

 

 

スペアは、2投目で10ピンすべて倒したということです。1投目が0点で2投目で10ピン倒してもスペアになります。

 

スペアの場合は、次のフレームの1投目の点数だけの加算です。なので、スペアの後に0本では加点がえられず、スコアアップにはつながりません。ガターだけは絶対に避けましょう!

 

 

まとめ

 

・歩幅を決める

・立ち位置を調整する

・ピンを見ないでスパッドを見る

・ボールは自分の指に合ったボールを選ぶ

・ストライク、スペア後の次の投球は最大集中する

 

 

いかがでしたか?

僕はこの方法でアベレージ150くらいまで伸びました!皆さんもぜひ実践してみてください!

今回は簡単に説明しましたが次回からはもう少し深く解説していきたいと思います。

では今回はこの辺で!

 

 

合わせてこちらの記事もどうぞ

・ボーリングのマナーについて

http://himajin-holiday.com/2018/06/05/post-1263/

・ハウスボールの選び方

http://himajin-holiday.com/2018/05/23/post-1249/

 

 

 

 

 

 

暇人の休日 あべ氏でした!