ボーリングのハウスボールの選び方

どーもみなさんこんにちは。

 

今回はですね、前回のボーリング初心者でも上達できるコツでも紹介しましたボール選びについて詳しく解説していきたいと思います。マイボウルではなく今回はハウスボールの選び方を紹介します!

 

 

ハウスボールとは

 

・ハウスボールはボウリング場に備え付けられているレンタル用のボールのことを言います。

たいていのどこのボウリング場でも子供用から大人用までさまざまな重さのハウスボールが用意されていますので、自分にあったボールの選び方を知っておく必要があります。

 

 

 

ボールの重さ

 

・ボールの重さは6ポンド~16ポンドまで存在します。

 

・1ポンドあたりの重さは約0.45キロあります。

 

 

少し重いくらいがいい

 

・一般の男性でだいたい12~15ポンド。女性で力のない人は7~8ポンドを、力がある人は9~11ポンド、小さいお子様は6ポンド、小中学生は8~10ポンドを目安にそれぞれ選んでみてください。

重いボールの方が軽いボールよりもピンがよく倒れます。その代わり腕の力が弱いとそれだけコントロールがしにくくなります。力任せで投げてもコントロールが定まらないとスコアアップにはつながりません。かといって軽すぎるボールですとピン負けして、なかなか倒れません。ですので持った感じちょっと重いくらいが自分にとって丁度よい重さですのでそれを目安に選んでみてください。

・重さは投げていくにつれて慣れてきます。はじめは重いと感じてても気にならない程度まで慣れますので安心してください。

 

 

穴のサイズ三種類SML

 

 

 

次に重要なのが穴のサイズです。穴のサイズはSMLと三種類あり、Sが指と指の間が小さく作られており、Lになるにつれて大きくなるように作られています。

・まずはじめにMサイズのボールに指を入れてみてください!

・親指を根元まで入れて左右にクルクルと回してみてください。きつくもなく、緩くもなくがベストです。

・指や手がうまく合わないことがあります。最も大事なのは親指がどれだけ穴にうまくフィットしてるかです。

 

フィットしますか?ちょっと幅が大きいと感じたらSサイズ、小さいと感じたらLサイズにしましょう。 幅が大きすぎるとすっぽ抜けてコントロールできにくくなります。逆に小さすぎると、投げる際に抜けなくなりケガのもとになりますので注意してくださいね!

・自分の指に合ったボールでないと親指の爪が割れたり、指が痛くなることがあります!

※SMLと三種類ありますが、その中でも微妙に大きさが違いますので自分に合ったサイズを選ぶことをおススメします!

 

 

まとめ

 

・自分が思っているよりも気持ち重いボールを選ぶ。

・穴のサイズは人それぞれバラバラですので自分に合ったボールを選ぶ。親指のフィット感が大事

 

いかがでしたか?

ボール選びもスコアアップにつながります!適当に選ばずに自分に合ったボールを選んで挑戦してください!

 

 

 

では今回はこの辺で!ありがとうございました。

 

 

 

暇人の休日 あべ氏でしたー!