ボーリングのコントロールを良くなる方法

こんにちは!

 

今回はボーリングのコントロールを良くする方法を紹介していきたいと思います!

皆さんは投げるときにどこを見ていますか? 堂々と「ピンを見ます」と答えた方。。。。。。

間違っていますよ!

初心者の方や、スコアアップを目指している方、プロの方や上級者が実践しているポイントをいくつか紹介していきたいと思います!すぐに実践できます!よければ参考にどうぞ!

 

では早速

 

 

投げる前にスタートの位置を決めておく

 

「ボウリングをされる時に、立つ位置は決まっていますか?」

まず初めにすることは、あらかじめスタートの位置を決めておいてください!

右から3番目のスパットとファールラインの黒い点(ドット)を
結んでアプローチまで辿ってください。

そこに右足の外側を合わせた位置が基本的なスタート位置になります。
アプローチの前後の立ち位置は、4歩助走ならファールラインから
気持ち大またで4歩歩いた先がだいたいのスタート地点になります。

 

 

 

ピンよりも手前のスパットを見る

 

ファールラインから1番ピンまでの距離は約18メートルもあります!。
これは野球のピッチャーマウンドからホームベースまでと同じなのです。

これだけ離れていますのでコントロールが狂いやすく、投げるフォームも安定しません。

ボウリング場ではピンまでの間になにもないので、近くに見えてしまいます!

ですから、ピンを目標にしないで近くあるスパットを目標にして投げてください。

 

 

 

 

投げる時、ピンは見ない!

 

アドレスに入るまではピンの位置を確認して構いませんが、いったん投球動作に入ったら、投げ終わるまではスパットから目を離してはいけません

ボールがスパットを通過するまでスパットを見続けながら投球してください。

その後はボールがどのような軌道をたどるかを見定めることも大事ですので、目線を上げてピンの方向を見つめます。

初心者の方や普段からずっとピンを見ながら投げている方は、練習を積んで普段からピンを見ないようにする癖をつけましょう。

 

 

 

投げ方

 

まっすぐにピンを向きます。ボールを持った時は、頭から足まで一直線になるように振り子のイメージ、意識してください。

コントロールをよくするためには、

力まずにリラックスして投げることがポイントです。

 

 

 

 

まとめ

 

・あらかじめスタートの位置を決めておく

・スパットを見ながら投げる

・投げ終えるまでスパットから目を離さない

・振り子のイメージで、ピンと腕が一直線になるように投げる

 

以上です。

 

では今回はこの辺で!ありがとうございました!

 

 

 

合わせてこちらの記事もどうぞ

・ボーリングのマナーについて

http://himajin-holiday.com/2018/06/05/post-1263/

・ハウスボールの選び方

http://himajin-holiday.com/2018/05/23/post-1249/

・ボーリング初心者でも上達するコツ

http://himajin-holiday.com/2018/05/07/post-1135/

・ボーリングのマナーについて

http://himajin-holiday.com/2018/06/05/post-1263/